MiwaHoyano Biography

HOME > Biography

経歴

4歳よりピアノを始める。東京音楽大学付属高等学校を経て同大学ピアノ演奏家コース卒業。在学中、特待生奨学金を得る。特別奨学生としてドイツ・ハノーファー音楽演劇メディア大学に交換留学をしたのをきっかけに渡独。ドイツ政府給費留学生(DAAD)。2018年2月同大学の最終課程ソロクラスを修了。国家演奏家資格を取得。
また2011年より同大学のホルン科公式伴奏者を経て現在木管楽器、指揮科公式伴奏者を務めている。これまでにドイツ、イタリア、スイス、オランダ、ジョージア、キプロス、アメリカ、東南アジア各地で演奏。また指揮者、大植英次氏と東日本大震災チャリティーコンサート(中国地方)、大阪クラシック、威風堂々クラシック in Hiroshimaで多数共演しており、昨年には同氏の指揮でリストのピアノ協奏曲第2番をドイツ、ハノーファーで共演。

IBLAグランドプライズ国際音楽コンクール(イタリア)優勝、デヴィ・スカルノ賞受賞、ルイジ・チェッリテッリ国際音楽コンクール大賞、PTNAピアノコンペティション特級銅賞など国内外での受賞多数。
IBLAグランドプライズ国際音楽コンクールでの演奏はマルチェッロ・アバド氏より‘深い情熱と卓越した世界観を持った素晴らしいピアニスト‘と評される。また同コンクール入賞者によるアメリカツアーではヴァージニア、アルカンサス、ニューヨーク各都市で演奏。ニューヨークではカーネギーホール(ワイル・リサイタルホール)にて演奏し好評を博す。またオランダ、コンセルトヘボウホールでのデビューコンサートに出演し、その演奏はオランダのナショナルラジオ4で生放送された。

2016、2017年とIBLA日本、東南アジアツアーに招かれ各地で行われたマスタークラスで教鞭をとる。また室内楽奏者としても活動しており、ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団のメンバーとヨーロッパと日本でコンサートを行う。Tengiz Amirejibiピアノコンクール(ジョージア)、IBLAグランドプライズ国際音楽コンクール審査員。
これまでに田中美香、大原慧子、倉沢仁子、播本枝未子、御木本澄子、黒田亜樹、アルド・チッコリーニ、ベルント・ゲツケ、ブルーノ・メッツェーナの各氏に師事。
2016年、デビューCD「Farben〜色彩〜」をリリース。

IMG_2076.JPG