お金ガイド

    お金ガイド

FXのロット(Lot)数とは? | お金初心者のためのお金ガイド

FXのロットとは?

FXのロットは取引単位のこと

FXを始めるにあたり、取引単位を覚えておいたほうがいいでしょう。一般的にロットという言葉を使いますが、ロットとは千通貨や1万通貨を指す単位です。取引するときには自分で調節してリスクを回避することができます。なぜ、1単位が千通貨や1万通貨とはっきりしないのか、その理由はFX会社により単位の設定が異なるからです。 取引するときにはその会社の1ロットを確認してから利用することが、取引をするうえでもリスクを回避する上でも必要となります。

AXIORYの口座開設 | リアル口座は5分で登録完了!

FXのロットとレバレッジの違い

投資法の中には注目されているFXを利用する方法がありますが、FXの場合はロットとレバレッジの両方を活用することができる特徴があります。通常の考え方は各社が設定をしている1,000通貨などがあり、10,000通貨と決めている会社があり、1ロットでの取り引きになることから投資額が低いほどローリスクになります。レバレッジに関しては通常の投資法とは異なる部分があり、担保となる保証金に対して自ら設定をするのではなく、ロット数を敢えて増やすことにより10倍や25倍など低資金で投資にチャレンジできることが違いになります。

性病検査キットおすすめ比較 | 気になる価格・精度は!?おすすめキット比較

1ロットはいくら?ロットの計算方法

FXに挑戦していると、1ロットと言う単位が出てきますが、そもそもこれは一体いくらのことでしょうか。その計算方法を見ていくと、基本的に1ロットは100,000通貨と言われています。この100,000通貨と言うのは、100,000ドルのことを意味しているわけです。1ドル100円の場合には、10,000,000円になることが理解できるでしょう。これはあくまでも、日本円とアメリカのドルの取引をした場合であり、ユーロの取引の場合はまた違った金額になることがあります。

1ロットは1pipsあたりどのくらいの損益になる?

FXにおける取引の単位はFX会社によって異なりますが、一定の通貨ごとに1ロットと呼ぶ共通点があります。 例えば一方のFX会社は1,000通貨、もう一方のFX会社だと10,000通貨で1ロットといった具合です。 通貨ペアの値幅を表すpipsといえば、こちらは共通の単位となっています。 正確には米ドル/円が1pips0.001円、ユーロ/米ドルが1pips0.00001ドルなどです。 では1ロットは1pipsあたりどのくらいの損益になるかというと、(決済価格-注文価格)x取引数量で決まります。 1,000通貨なら1円、10,000通貨なら10円で、100,000通貨だと順当に100円が目安となります。

FXのロット数の決め方は?

FXのロット数を増やすタイミングは?

FXのロット数は状況に合わせて増やすのがベストです。通常は損切りや保証金、取引の数量などの要素から決定します。月単位で収支を確認した時にプラスになっているかどうかも、ロット数を増やすポイントになるでしょう。ロット数は自分の好きなタイミングで増減することができますが、レバレッジが高くなる点には注意が必要です。レバレッジが高くなれば損失が出る可能性も高まります。そのため、状況が良いからといってすぐに行わずに、コントロール力の強化を待ってから行ないましょう。

OCN光キャッシュバック | 光回線が最大6ヶ月無料のチャンス!

FX初心者におすすめのロット数の目安は?

FX初心者におすすめしたいロット数は1ロット、要は1,000通貨から取引してみるのがおすすめです。なお、1,000通貨というのは1ドル100円換算で4,000円相当の、投資としては少額の単位で取引を始めることを意味します。 このような少額投資をおすすめするのは、FXは必ずしも利益を得られる取引ではないためです。プロのトレーダーであっても、損失を出したことがない。そんな人は存在しません。それほど難しい取引で利益を出すことは初心者にとって簡単なことではありません。一方で、経験を積めば利益を出せる確率は確実に上がるのもFXの魅力です。そのため、最初は少額の取引で経験を積むのがおすすめです。